御朱印の森

川越の人気縁結び神社☆川越氷川神社

三芳野神社から歩いて10分程で、
川越氷川神社に到着しました。

まず、何といっても大きな鳥居に
圧倒されます。
c0361995_22551784.jpg
高さは15メートル。

大きな鳥居と言えば明治神宮が
思い浮かびますが、高さは12メートル
なので、川越氷川神社の方が
高いことになります。

扁額の文字は勝海舟のもの。

鳥居をくぐると、拝殿前には
参拝者の列が出来ていました。
c0361995_22551961.jpg
今回、川越を巡った中では、
お寺なら喜多院、
神社なら川越氷川神社が
一番多いです。

人気の秘訣はやはり、縁結びの神社として
知られているからではないでしょうか。

氷川神社ということで、御祭神は
素盞嗚尊と奇稲田姫命の夫婦の神様は
もちろんですが、奇稲田姫命の親神である、
脚摩乳命(あしなづちのみこと)と
手摩乳命(てなづちのみこと)の夫婦神様も
祀られています。

さらに、素盞嗚尊と奇稲田姫命の子孫で、
縁結びの神として知られている、
大己貴命も祀られています。

御祭神には2組の夫婦神様がいることになるので、
より、夫婦円満・縁結びの御神力が強まっている
ように思われます。
c0361995_22551857.jpg
拝殿にて参拝の後は、左隣の八坂神社で
お参りしました。

案内板によれば、寛永14年(1637)に
江戸城二の丸に東照宮として建立したものを
明暦2年(1656)に川越城内にあった三芳野神社の
外宮として移築され、明治5年(1872)に現在の地に
八坂神社社殿として移築されたと記されています。

ちなみに、川越氷川神社の創建は大変古く、
古墳時代の欽明天皇2年といわれています。
三芳野神社よりも古くからあることになりますね。
c0361995_22551979.jpg
こちらの御祭神も素盞嗚尊・奇稲田姫命なので、
お参りすれば、更に縁結びの念押しといった
感じですねemoticon-0105-wink.gif

参拝後、社務所にて御朱印をお願いしました。

こちらでは、川越氷川神社と八坂神社の2つ
書いて頂けるので、2つともお願いしました。

出来上がりには時間がかかりそうなので、
境内を散策することにしました。

すると、社務所の近くに、
柿本人麻呂神社を見つけました。
c0361995_22551830.jpg
なんで、柿本人麻呂の神社がここにあるのかって
思ったら、直系の子孫である、綾部氏が戦国時代に
川越に移住してきた際に、この地に氏神として
祀ったという経緯からのようです。
c0361995_22551701.jpg
絵馬のトンネルが気になったので、
行って見ると、その先には
御神木がありました。
c0361995_22551723.jpg
案内板によれば、樹齢は約600年。
平成23年の台風で幹先10メートル程の部分が
倒れてしまいますが、幸い社殿にも当たらず、
参拝者にも被害がなかったとのこと。
c0361995_22551664.jpg
現在は御神木保護のために、
まわりを歩くように、
石の道が出来ています。

社務所へ戻り、御朱印を拝受しました。

こちらへ来るのは3回目ですが、
前回来たときは、神前結婚式で忙しいので、
本日は対応できませんとのことで、
書いて頂けなかったことがあったので、
良かったです。
c0361995_22551808.jpg
c0361995_22551874.jpg

[PR]



# by yagiou17 | 2017-03-26 23:04 | 埼玉県 | Comments(0)

童謡「とおりゃんせ」発祥の地☆三芳野神社

童謡「とおりゃんせ」の
発祥の地と言われている、
三芳野神社に来ました。

「天神さまの細道じゃ♬」と
歌の中に出てきますが、
この長くまっすぐ伸びる参道が
それだと言われています。
c0361995_23443735.jpg
境内は広く、そこには
「わらべ唄発祥の地」と
「川越城七不思議」の
石碑がありました。
c0361995_23445681.jpg
何故、神社の境内に川越城に関する
石碑があるのか?

それは三芳野神社が昔、川越城の中に
あったことに由来します。

川越城は、長禄元年(1457)扇谷上杉持朝が、
家臣の太田道真・道灌父子に命じて築城したもの。
c0361995_23453638.jpg
一方、三芳野神社は、平安時代初期の
大同2年(807)創建と言われる程の古社。
c0361995_23461450.jpg
川越城築城以前から当地に鎮座していた
ものをそのまま城内に
残すようになりましたが、
それによって、今まで気軽に
参拝できていた民衆は、
城内の三芳野神社を
自由に参拝できなくなりました。

ただ、七五三など、特別な日だけは
許可が出たそうです。
c0361995_23461444.jpg
三芳野神社へは、天神門を通らないと
行けないようになっていました。

そのことから、天神様の細道という
フレーズが出来たのでしょう。

城内に入るのは特別な日ということで、
入れますが、出る時は厳しく
チェックされたといいます。

「行きはよいよい帰りはこわい♬」は
このことを表しているようです。
c0361995_23461469.jpg
拝殿は、寛永元年(1624)
3代将軍徳川家光の命を受けた
川越藩主酒井忠勝が造営したもの。
c0361995_23461341.jpg
朱の色も褪せ、ところどころ
剥げていたりして、古ぼけた感じですが、
戦災の被害もなく、現存しているって
ところに、風格を感じます。

参拝後、社務所にて御朱印を
書いて頂きました。
c0361995_23471530.jpg
普段は無人とのことですが、
この日はいらっしゃいました。

いらっしゃらない場合は、
兼務社の川越氷川神社にて
受け付けてもらえます。

おまけ

三芳野神社のまわりには、川越城ゆかりの
建物などが残ってますので、あわせて
散策するのも良いと思います。

川越市役所があるところは、川越城の
大手門でした。
c0361995_23484936.jpg
後ろの銅像は太田道灌。
c0361995_23485565.jpg
川越城がかなりの広さだった
ことが伺える石碑。

c0361995_23492836.jpg
三芳野神社のお隣にある
川越城の本丸御殿。
c0361995_23492886.jpg
東日本には唯一ここにしか
ないという貴重な建物です。
c0361995_23492855.jpg
入館料を払って、見学もできます。
c0361995_23501974.jpg
三芳野神社から少し離れたところに
ある富士見櫓。
c0361995_23501984.jpg
櫓はありませんでしたが、お稲荷さんや
浅間神社がありました。
c0361995_23501933.jpg
c0361995_23502032.jpg
c0361995_23501803.jpg
c0361995_23501840.jpg
富士見櫓という名前からも伺えますが、
かつてはここから富士山が見えたそうです。
c0361995_23502080.jpg

[PR]



# by yagiou17 | 2017-03-25 23:53 | 埼玉県 | Comments(0)

狭山茶発祥の地!日蓮上人の原点!?川越・中院

前回、川越に行ったときに、
行けなかった神社に行きたいのと、
行ったけど御朱印を頂けなかったので、
リベンジしたいってことで、
再び川越にやってきました。

まずは、
喜多院から少し離れたところにある、
中院(なかいん)へ行きました。

風格のある山門前に到着。
c0361995_22381789.jpg
右の石票には「天台宗 星野山 中院」
と刻まれてますが、

左の石票には「日蓮上人傳法灌頂之寺」
と刻まれていました。
c0361995_22384884.jpg
伝法灌頂(でんぼうかんじょう)とは
阿闍梨という正式な僧侶としての
位を授ける儀式で、これによって、
指導者となり、弟子を持つことが
許され、正式に一宗一派を
開くことも可能になるのだとか。

天台宗のお寺になんで日蓮が?
と思いましたが、
当寺の住職である尊海和尚から
法華経の講義を受けて、
さらに極めようと、比叡山にて
法華経の修行をしたあと、
当寺にて伝法灌頂を
受けたとうい経緯があります。

きれいに真っ直ぐに伸びた
参道の先には本堂が見えます。
c0361995_22403417.jpg
その道すがら、左手に
島村藤村先生記念碑がありました。

これは、島崎藤村の義理の
お母さんのお墓が、当院にあり、
たびたび参拝していたという
縁からできたものと思われます。
c0361995_22405906.jpg
大正天皇お手植えの松もありました。

本堂で参拝後、右手の寺務所にて
御朱印をお願いしました。

では、出来上がりまで由緒でも。
c0361995_22412070.jpg
その昔、川越がまだ海だった頃、どこからか
現れた仙芳仙人が、龍神にお願いすると、
海が干上がって、お寺を建てられる
土地が出来たという。

その伝説の地に、天長7年(830)
慈恵大師円仁が、淳和天皇の勅許を得て、
無量寿寺仏地院として創建したのが、
中院の始まりと言われています。
c0361995_22414359.jpg
その後、戦によって滅んでしまうが、
永仁4年(1296)、日蓮上人に伝法灌頂した、
尊海僧正が、武蔵国成田氏の助けもあり、
慈恵大師を勧請して当寺を再興し、
更に北院(現喜多院)・南院が
建てられました。

江戸時代になると、寛永10年(1633)
仙波東照宮建造のため、中院は現地に
移転となりました。

御朱印、拝受いたしました。
c0361995_22431883.jpg
さすが、寺号が無量寿寺ということで、
無量寿と書かれています。

梵字はキリーク(阿弥陀如来)ですね。

さて、本堂の左隣へ行って見ると、
別のお堂がありました。
c0361995_22474944.jpg
こちらは、釈迦堂です。

その近くには、
狭山茶発祥の地の石碑がありました。
c0361995_22481538.jpg
その横には、由緒の石碑がありました。

そこには、伝教大師最澄和尚が、
中国天台山国清寺より伝来した茶葉を
京都で栽培したのが始まりで、
後に、慈覚大師円仁和尚が茶の実を
境内に薬用として栽培した。
狭山茶の起源である。
c0361995_22481525.jpg
ということが刻まれてました。

30年ほど前までは、境内に茶畑が残っていた
そうですが、お茶の起源としては、
鎌倉時代に臨済宗の栄西によって、
中国から日本に渡って来たという説が
有名ですが、平安時代には川越で
お茶が栽培されたとなると、
この説が覆されてしまいますが、
果たして!?
c0361995_22493111.jpg
そろそろ、お寺を出ようと思ったのですが、
来た時とは違うところからってことで、
鐘楼をくぐることに。

実は中院というか、釈迦堂に来るのは今回で
2回目で、この鐘楼がかっこいいなって、
気になってくぐったのが最初でした。
c0361995_22494850.jpg
下から上を眺めてみたり

今回でわかりましたが、
中院と釈迦堂はつながって
いたんだなってこと。

てっきり、別々のお寺だと思ってました(汗)

まあ、それだけ広いお寺なんだってことで(笑)

最後に、中院の境内を歩いて思ったことが、
紅葉とか、桜の時期に来たら良かったなって
思いました。

冬の時期で、葉が寂しい感じでしたが、それでも
きれいで落ち着いた雰囲気が伝わる境内は
居心地が良かったです。

また訪れたいお寺ですね。

PS

喜多院から中院へ行く途中に、
南院の跡地があります。
c0361995_22510703.jpg
c0361995_22510674.jpg
c0361995_22510604.jpg
明治に入って、廃寺となりましたが、
街の一角にこうして残されてる風景は、
どんなお寺があったのかなあと、
想像を掻き立てられていいなと思いました。
c0361995_22512156.jpg
c0361995_22510701.jpg


[PR]



# by yagiou17 | 2017-03-20 22:54 | 埼玉県 | Comments(0)

三囲神社の三柱鳥居と顕名(あきな)霊社

c0361995_23040872.jpg
初めて三囲神社に参拝に来たときは、
境内にある池袋三越のライオン像を
見たくて行ったのですが、今回は
見落とした、「三柱鳥居」と
三井家を祀る
「顕名(あきな)霊社」を見るべく
再訪しました。

前回行かなかった、拝殿の裏手に
回って三柱鳥居を探したら、
ありました!
c0361995_23040991.jpg
三角形になっているとても不思議な
鳥居は、京都太秦の
木嶋(このしま)神社にある
三柱鳥居をモデルに作られたそうで、
全国的にも数の少ない、非常に
珍しいものです。
c0361995_23040764.jpg
この三柱鳥居、3と言う数字・形状から、
「キリスト教の『三位一体』と
関係があるのでは!?」

とか、

「横から見ると、三角形が二つ見える。
これをずらせば、ユダヤの六芒星に
なるではないか!」

とか、
トンデモ説が囁かれております。
c0361995_23040965.jpg
木嶋神社は渡来人・秦氏ゆかりの
神社なのですが、この秦氏というのが、
韓国からの渡来人という説と、
シルクロードから来たユダヤ系
キリスト教徒説なんてのも
あったりするので、三柱鳥居に対する
考えもそんなところから、枝分かれ
してしまうのでしょう。

拝殿左手奥には、
「顕名(あきな)霊社」がありました。
c0361995_23041088.jpg
三井家、11家の当主夫妻と120柱余りが
祀られている社だそうです。

社は柵で囲まれていて中に入れない
状態なので、柵の間から写真を
撮りました(^_^)
c0361995_23040717.jpg
狛犬は黄金色というか、黄土色というか、
デザインも色も珍しいもの。

表情もユニークですが、これを
「立川談志狛犬」と落語家で
日本参道狛犬研究会(狛研・こまけん)の
会長、三遊亭円丈さんが呼んでいます。
c0361995_23040935.jpg
しかしこの顕名(あきな)
って名前が気になって調べたら、
「けんめい」という読みで、
民法用語としてしか見つけられません
でした。

ネットの辞書では、
『代理人が代理行為をする場合に,
自らが本人の代理人であることを相手方に
示さない限り代理行為の効果が本人に
帰属しない,という原則』
とのことですが、良くわかりません(*´д`*)
c0361995_23040864.jpg
ようするに、なりすましてバレなければ、
その人の権利として成立するってことですかね?

こんな謎と疑問が尽きない
三柱鳥居と顕名霊社は、平成6年(1994) に
東京三井下家邸から、三囲神社に
移設されたそうです。

伊勢松坂から三井高利が
江戸に出て呉服商越後屋を始めたのが
きっかけで出来た三井グループですが、
今ではすっかり大企業になってますよね。

この発展は、三囲神社の御神力だと
思えば、相当なパワースポットと
言えなくもないですね。
c0361995_23040861.jpg
そういえば、三囲神社には
他にも、白狐祠を守る老夫婦像が
あるというのを後で知りました。

あくまで森の印象ですが、
三囲神社の境内は広くないようで、
拝殿の裏手、境内の左手は独特の広さが
感じられる不思議な境内です。
c0361995_23040858.jpg
まだまだ見落としがありそうなので、
また参拝に行きたいと思います。

[PR]



# by yagiou17 | 2017-03-06 23:10 | 歴史・小ネタ | Comments(0)

本社三島神社 台東区に出来た最初の三島神社

浅草寺をスタートして最後に、
本社三島神社へ行くことに。

しかし、ネットの情報によると、
とにかく見つけるのが大変って
出てたけど、本当でした。

地図を見て近くまで来てると
思うけど、鳥居は見えず、
周辺に住んでいるであろう人に
聞いても、そんなのあったっけ?
って言われるしまつ(;^_^A

番地まで見て、細かくチェック
しながら歩いているにも
かかわらず、見つけられないf^_^;
c0361995_23243607.jpg
もう20分くらいぐるぐるしてた
でしょうか、やっと見つけました!!

ビルとビルの間にあって、
しかも鳥居は、並びよりも
奥まって立ってるから、
遠目には、隙間にしか見えない感じ。
c0361995_23243574.jpg
これじゃあそう簡単に
見つかるはずがありません。

階段を登るとすぐ目の前に
お社がありました。

お参りをして御朱印をと
思ったんですが、階段を上がった
先にはお社しかないような、
超狭い境内なので、
社務所など見当たりません。
c0361995_23243667.jpg
どうしたものかと思いつつも、
あたりを探すと、拝殿の左側に
社務所らしい建物を見つけました。

ベルを押すと、うら若い宮司さんの
奥さんらしい方が出てきて、
対応してくださいました。

ニコニコしながら、
「いろいろまわってるんですか?」
って明るく話す姿を見て思わず、
「ネットで評判の女性が、
御朱印対応しているって
出てたけど、本当ですね」
って言っちゃいました(^_^)

今まで長い間、歩き続けてきた
ことでの興奮と、ここで最後
だっていう感情が相まって、
つい出ちゃいました。

すると

「どうやらそのようですね」

なんて、
お茶目に返してきたりするから、
うれしかった(^_^)

当社は総本社がある
愛媛県から、勧請して上野に
創建されたのですが、
寛永寺の用地になるということで、
今の場所に遷座することになりました。

すると、上野から遠いじゃないか!!
って氏子たちが言い出し、
鶯谷駅の近くと入谷駅の近くにも、
それぞれお社が建てられ、
現在に至ってます。

なので、本社というのは、
最初に上野に建てられた
もののことを言い、台東区には
全部で3つの三島神社が
あることになります。

以前、鶯谷駅の近くと入谷駅の近くの
三島神社に行って、御朱印を
頂いているので、これで台東区にある
3つの三島神社を制覇したことになります!!



これで今回の浅草御朱印ツアーは
無事に終了いたしました。
c0361995_23243646.jpg
しかし、まだ行っていない
台東区の神社はあるし、三島神社の
総本社がある愛媛県の
大山祇神社にも行って見たいので、
御朱印ツアーはまだまだ続きます♪( ´θ`)ノ

[PR]



# by yagiou17 | 2017-03-05 23:30 | 台東区 | Comments(0)

御朱印の森へようこそ!御朱印を頂きながら、歴史の勉強をしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
by 森
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新のコメント

> fujiryujin..
by yagiou17 at 22:26
狛犬ならぬ狛ウサギ・・・..
by fujiryujin at 20:42
> akkoさん 素盞..
by yagiou17 at 19:19
akkoさん コメント..
by yagiou17 at 19:11
わぁ、素盞雄神社に来られ..
by akko at 16:15
いいお話ですねぇ… アヒ..
by akko at 16:07